丸の内

丸の内

京王百貨店が終了したのだけど 後片付けやら溜まった家のこと、草取りやら掃除やら、、、 気持ちもいっぱいで 何からやって良いのか分からない状態です。 でも、百貨店から送った荷物がまだ届かないことを理由に 丸の内まで散歩に出かけました。 だって室内にこもっていた1週間 お日様の下で歩きた〜い欲望いっぱいでした。 バンクリーフ アンド アーペルのインスタレーションが 街を華やげていました。 東京で一番良い季節ですね! 海や山など郊外も好きだけど、街も好き。 人々の営みの活気が元気をくれます。 行き交う人々のお洒落を見るのも楽しいです。 それぞれが自由に着飾っています。 写真で着用している服はアトリエ…

京王百貨店初日

京王百貨店初日

いよいよ、昨日、始まりました。 京王百貨店初日でした。 今回28人の作家が集合しております。 その中に帽子作家さんがもう一人おりました。 その方の帽子がとても素敵で 最初、とても気後れがしました。 隣の芝生は青いと言いますもんね。 でも、そこで落ち込んでいても仕方がないと 気持ちを切り替えました。 刺激と学びをもらえばいいんだって。 がぜん楽しくなってきました。 いえ、楽しもうと気持ちを切り替えたのです。 外の世界に身をさらして、もっと伸びてゆければ幸いというものです。 さあ、今日も元気に「行ってきま〜す」 素敵な作品がたくさんあります。 お近くの方、ぜひ、お運びくださいませ。 *******…

お洋服のご紹介

お洋服のご紹介

京王聖蹟桜ヶ丘店、明日が搬入ですが 荷物は昨日ヤマトさんから送ったので、今日は少し静かな1日となりました。 車があった時は自分で運転して搬入したし 時には赤帽さんをお願いしたり色々でしたが 荷物を送る方法もまた良いものですね。 送付に時間がかかるから、ギリギリまで針を持つということが無い→余裕がある。 ということでブログを書き始めました。 今日はお洋服の一部をご紹介します。 ↑ヨークのスカートです。 この生地はイタリアで購入した生地です。 息子のホームステイ先のマンマに連れて行ってもらった生地屋さん イタリア人のエネルギッシュなオーラに圧倒されて 上手に買い物できなかったけど 地味でなく派手で…

「アトリエKYOKO展」最終日

「アトリエKYOKO展」最終日

始まった〜と思ったら、もう最終日になりました。 3日間ともお天気に恵まれて感謝です。 ご近所の方、遠方からの方、お越しいただきました方 ありがとうございます。 なんとかアトリエを片付けて 「洋服が見やすいように」と心がけて飾り付けました。 するとお洒落が好きなんだな〜という自分を改めて発見。 そしてそういう自分が好きです。 だって生きることが楽しくなりますから。 お洒落って自分を解き放ち楽しむことです。 ↑バックも服に合わせて「カジュアルワントーン」を演出したつもり。 少ない予算でお洒落を楽しむコツです。 ↑このスカートの生地はイタリアで購入したもの。 華があるけれど派手すぎずクリスマスパーテ…

ヨークのスカート

ヨークのスカート

新作ヨークのスカートでお出かけ。 今まではパンツスタイルが多かったけど これからはもっとスカートを楽しもうと思う。 着てみて着心地確認、なかなか良かったです。 生地がまだあるので ご興味ございましたらお問合せください。 まずは腹ごしらえ、スープとツナバンズとアップルパイ。 夫も髭を剃りスーツを着てシャキッとしました。 パジャマ姿でうろうろしている彼と全然ちがう。 それはお互い様か〜笑。 適度におしゃれしてちょこっとお出かけ。 セカンドライフの楽しみの一つです。 この日に買ったヨガ用Tシャツ 明日のレッスン時に着用します。 ヨガウエアこそ自分の作品を着たいのだけど、今はまだ無理。 歯痒くも諦めて…

DM

DM

おはようございます。 雨がしっとり降って静かな日曜日です。 若い頃は雨が嫌いでしたが、この頃は雨もまた良いな〜と思うようになりました。 無理なく考え方の幅が広がった? 歳を重ねて良いな、と思うことの一つです。 さて、昨日はお天気が良かったのでDM用写真撮りをしました。 これがけっこう難しい。 最初は茶系でまとめるつもりだったのですが 発注していたサブバックの先上がりの一点が届いたのがグレー。 先を見通して考え切れないチグハグ、また、やっちゃった。 生きてゆくことは、思った以上にお馬鹿さんな自分に気づいてゆくこと そう思えるのも重ねたからこそ。 それで在庫の中からグレーの帽子やあれこれを探して合…

遠方より友来る

遠方より友来る

遠方より友来る、また楽しからずや という言葉を思い出す。 そんな遥かアメリカから帰国中の友達と会った。 高校時代からの親友である。 お出かけに着て行ったのは2018年制作のワンピース。 ちょうど色の合うカチューシャが売れ残っていたので、それをセットアップした。 この洋服は真夏には暑くて着れなかったが 秋口にはもってこい。 旅行者の友達に合わせるようにカジュアルダウンしたつもりで ソックスとスニーカーを合わせる。 彼女は自分はTシャツチュニックとパンツという超カジュアルスタイルだったけど 私のスタイルを見て「わ〜可愛い!」と喜んでくれた。 二人とも60代後半なんだけど、笑。 自分の服を着て出かけ…

付け襟

付け襟

アトリエKYOKOオリジナルワンピースを黒で作って 「疲れない喪服」としました。 その服に付け襟を付けてスナップボタンで取り外し可能にしたら便利だと考えて 手元にあったレースで作ってみました。 こんな感じです。 顔まわりが華やかになっていいですよね。 喪服だけではなく、卒園式とか、お食事とか、ちょっとドレスアップの日にも素敵です。 あとはスナップボタンをつけるだけ 一粒で二度美味しいワンピース、 ご注文をいただいたらお作りします。 まずは、ぜひ、ご試着をお楽しみ頂きたいです。 ************************* いつもお読みくださりありがとうございます。 友達に手紙を書くように…

浴衣オールインワン

浴衣オールインワン

ずっと以前からありました、この形。 オーバーオールとか、つなぎとか、サロペットとか言いましたよね。 最近、街でチラホラ見かけるようになって気になっていました。 それで浴衣地を使って作ってみました。 名付けて浴衣オールインワン。 お風呂上がりに着てもいいですし アトリエで仕事着にしてもいい感じ。 リラックスとヨッシャ〜と二刀流かも、です。 日本の素晴らしい文化である着物を リメイクすることで暮らしの中に活かしてゆきたいと思ってます。 まずは浴衣から手をつけました。 着心地最高です。 夏が楽しくなります。 ************************* いつもお読みくださりありがとうございます…

お出かけ

お出かけ

アトリエKYOKOオリジナルワンピースとハットで 虎ノ門の歯医者さんまでお出かけしました。 スカラップが気に入っているワンピースは数年前の作品です。 大切に着回しています。 帽子はもっともっと古い、30年前くらいの作品です。 パナマのような高級感あるこの素材(パリバンタル)は古くなっても型崩れもないし 逆に味わいがあり気に入っています。 愛着のある作品を大切に着回す。 自分自身も物も丁寧に扱う、そんなお洒落を楽しみたいですね。 ここまでやってきて、自分の作品を着用してお出かけができるようになりました。 まず自分を喜ばせた次は、 他の誰かさんのためにお役に立ちたいなと思います。 まだまだ学ぶこと…