帽子

丁寧な暮らし

丁寧な暮らし

お客様からいただいた言葉「丁寧な暮らし」 会期が終了して、なお、心の中で味わっています。 よく耳にする言葉ですが実践するとなると難しい。 特に納期があったりすると わかっちゃいるけど、、、となってしまう。 そう、全部は無理、人それぞれ。 でも、改めて思う。 丁寧に取り組むことで、想いが込められて心が豊かになる。 そして、何より、それは楽しいことなのだ。 効率という言葉の反対にあるのかもしれない。 時代の流れに逆行しているのかもしれない。 でも、私は丁寧を楽しみながら帽子を作ってゆきたい。 丁寧な心で生きていると見えるものも違ってくる。 一瞬一瞬に美しい場面が用意されていることに気がつくのである…

終了御礼

終了御礼

14名の作家によるクラフト展、昨日、無事に終了いたしました。 和やかに賑やかに皆々さまに支えられての一週間 感謝の御礼を申し上げます。 ありがとうございました。 また、新しい気持ちで重ねてまいります。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 写真は仲良くなったお客様とのツーショットです。 ボンネをこのようにカジャルダウンして、素敵ですね。 お客様から刺激や学びを頂いております。 ありがとうございました。

5,31

5,31

昨日はびっくりポンでした。 社員休憩室でおにぎりを頬張っていたところ スマホが鳴りました。 帽子好きのお客様がいらしているから下りて来て〜〜とのこと。 急いで2階に下りてゆくと もうすでに3つお決めになったところでした。 こんな出会いもあるんです、びっくりポンでした。 対応してくれたみんなのチームワークはばっちり、うれしかったです。 さて、今日の一着はレインコートです。 この生地、スリーレイヤーと言って防水、透湿、です。 また、比翼仕立てでボタンを内側に隠して留めます。 雨からしっかり身を守りながら心地よい着心地を目指しました。 これからの鬱陶しい季節にいかがですか? レインハットはビニール素…

5,30

5,30

昨日も感動から始まりました。 私のベレーを気に入ってくださり 毎回お求めくださるあの方、いらっしゃらないな〜と思っていました。 コロナ禍ですもの、仕方ないなと。 すると、とある女性が母のベレーの被り方を教えて欲しいと 冬のベレーを持参されました。 お話を伺うと、お母様、天国に召されたそうで、、、、。 はい、その方でした。 鳥肌立ちました。 娘様3人いらして、みんなでベレーを分けたとのこと。 その被り方を聞きたくていらしたそうです。 そして、新しいお帽子もお求めくださいました。 親子でかぶっていただけるなんて最高です。 帽子も洋服もとても高い技術力を要するので 時々、凹みながらも継続して良かった…

5.29

5.29

クラフト展も折り返し点にきました。 ちょっと疲れも出てくる帰り道ですが、 一晩寝れば元気になるってありがたいですね。 昨日は高校の同級生が来てくれました。 お二人ともとても素敵な方、そしてホッとします。 どこか心の尻尾がつながっているみたい。 同級生っていいものですね。 いつもいつもありがとう!! 写真はカシュクールにこだわったフレアラインの一着。 後ろファスナーがありません。 テラコッタ色でお肌を元気に照り返します。 帽子は麦わらに皮のトッピング、 夏を楽しく飾りました。 さ、今日は、また、新しい一日が始まりました。 力抜いて頑張ります。 皆様もどうぞ良い日曜日を!!!

5,28

5,28

雨の日もあれば晴れの日もある。 一喜一憂しないで力抜いて頑張りたい。 それが今回のテーマかな。 初日にお求めくださったお客様が 髪飾りボンネを着用してご来店くださいました。 なんという作家冥利につきることでしょう。 嬉しいですし、 とても励みになります。 写真をブログに使用して構わないと快諾くださり 背中を押してもらっております。 「久しぶりのお洒落感にワクワクする〜」とおっしゃっていました。 そうですよね、ファッションには力があります。 お洒落が元気を連れてくるのか 元気がお洒落を連れてくるのか 相乗作用があるのだと思います。 もう一つの私の出展の楽しみは 私自身が何を着用するか、、、です。…

夢

ちょっとかわいい男子がひょっこり訪ねてきた。 推定年齢26歳。 「覚えてますか?」と言う。 「全然」と答える私に畳み掛けるように「靴磨きの〜〜」と言われて思い出した。 そう、あれは3年前のこと。 公園の入り口に靴磨きの立て札と若者。 何かおとぎ話みたいな雰囲気に「靴磨いてくれるの?」と思わず声をかけた、 あの時の青年である。 それはそれは綺麗に磨いてくれて それでいて確か無料!やっぱりおとぎ話?と思いつつ忘れていた本当の話である。 そして3年後の今、 「夢を叶えるシェアハウス」という動画を作ったので、その報告に来たと言う。 なぜなら私が出ているから。 私にとっては珍客の若者、どう対応して良いも…

ケア帽子

ケア帽子

療養中のお母様へ母の日のプレゼントとしてKYOKO帽をお選びいただきました。 KYOKO帽はアトリエKYOKOのオリジナル作品(防寒のタウン帽子)を療養にも使えるようリデザインしたものです。 気に入っていただきリピのご注文でした。 いただいたフィードバックをこちらにご紹介させてください。 母はもう長いこと、ケア帽子が手放せない日々が続いています。抗がん剤の治療を始めるまでは、帽子を被ることはほとんどなかった母なので、違和感のようなものがあったようです。それでも少しでも楽しい気持ちになって欲しくて、様々なタイプの帽子を試してみましたが、こちらのケア帽子が1番気に入っていて、一年を通して愛用させて…

風ハット

風ハット

5月に京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店にてのグループ出展が決まった。 もともとおっとりしている私だけど 出展が決まると、どうしても心がザワザワしてくる。 あれも作りたい、これも作りたい〜〜と 能力以上の欲望が浮上してくるのか。 どうしても肩に力が入ってしまい、空回りして焦るのです。 人と比べないで、自分なりに納得できる製作ができれば良いではないか。 道場で鍛える丹田力を自分の場所で養う機会である。 深く長く息を吐いて、ガンバレ自分! 写真は風のように軽いハットを目指して試行錯誤している作品です。 なかなかイメージ通りの形にならなくて、 自分にエールを送るつもりでここに書いてみた。

エルメス

エルメス

内心、エルメスはライバルと思っている、笑。 そのエルメスにインスパイアーされて作ったベレー(娘のリクエスト)。 到底およばないけれど悪くないベレーができた。 彼女をもっと素敵にしたくて マスクもセットにつくってみた。 銀座へ行くと必ずと言っていいほど エルメスのウインドウを見るようにしている。 美術館とはまた、ひと味違った美がある。 センスは感性、磨くもの。