Blog

ヨガマット忘れた〜〜

ヨガマット忘れた〜〜

三鷹市在住だった頃、そのヨガ教室は始めました。 約15年前になります。 近所に徒歩数分の会館があり、もってこいでした。 帽子を作りながらもヨガの魅力に引き込まれて ヨガと帽子の2足の草鞋を履いていました。 その後、アトリエのある杉並区に引っ越し、軸足を帽子に移して今があります。 そんな訳で、月2回、杉並から三鷹に通ってレッスンを継続しています。 そんなこんなの日曜日のこと、二人でヨガに向かって車を走らせていました。 と半分以上走って吉祥寺を過ぎた頃 「あ!!!」と夫が叫び、ただならない様子に「え!?!?」と私。 「ヨガマット忘れた〜〜」 会館の床は冷たい床です。 その床でヨガするのはとても痛い…

kyoko帽

kyoko帽

このところ、療養の帽子「KYOKO帽」の人気が復活している、そんな気配。 お友達にプレゼントして好評だったから、リピ注文したいとメールがきた。 そう、この病気は本当に悩ましい。 自分ではなかなか買いに行かれないし、買うとしても自分なら無難な色になりがちだからこそ こんないちごミルク色がプレゼントには良いのではとアドバイスした。 アトリエのリボンでプレゼント仕様にして、早速送りました。 たかが帽子ではあるけれど、いっとき心が嬉しい方向へホワッとしたら幸いです。 そのいっときをたくさん寄せ集めたら幸せになるものね。 病気のお友達を気遣う優しさがある。 そして、それをお手伝いできて私は嬉しい。 辛い…

お月様こんばんは

お月様こんばんは

この頃、夫が足腰が痛いと言って、朝の散歩ができない。 それで、風に吹かれたくなって一人、夕方の散歩に出た。 一人も悪くないな〜身体に風を浴びながら公園へ入ると 懐かしい友に出会ったようなお月さまが。 思わず「こんばんは〜〜」と声が出た。 いえいえ、それは孫が2歳くらいだった頃に言った言葉を思い出してのこと。 娘の確か出張で預かった時 ママ〜といって泣く孫を抱っこして、見上げた空にお月様がこっちを見ていた。 それでひとしきり二人で眺めていたっけ。 その後、孫の口から 「お月様こんばんは」という言葉を聞いて感動した。 そう、月は友達のようにこちらを見て慰めてくれる、それが子どもにも分かるのだ。 幼…

足を知れ

足を知れ

昨日のお教室でのこと。 先生は非常に真面目でいてお茶目、私はどこか天然で この二人の会話で出た言葉「足を知れ」、それが今も響いている。 二人とも、あれを作りたい、これはどうだろう、、、と デザインやアイデアが溢れてくる。 ところがそれを形に仕上げるまでの時間が足りない。 圧倒的に時間が足りなさすぎる。 それで出た言葉「足を知れ」です。 これは私は娘時代にも言われていたし ヨガでも教えられたし そして、今、還暦を過ぎて帽子のアトリエの現場でも再びのお目見え。 よほど、私の魂は未熟でこの世にやってきたみたい。 いえいえ、アイデアが湧いてくるなんて素敵なこと。 それをすぐに形にできないからって欲求不…

ヨガのお知らせ

ヨガのお知らせ

10月のヨガの日程が決まりました。 10月9日(日)、23日(日)です。 ヨガって年齢を重ねてからこそ、必要で有効で味わいが深まります。 還暦を過ぎてから痛感しています。 今はYouTubeやズームレッスンなど色々な方法がありますね。 ぜひ、それらを活用し、人生100年時代をヨガと共に元気に過ごして欲しいと思います。 それはサボりながらも継続することです。 そして、機会があったらのめり込んでみる、その価値あります、お勧めです。 あそこが痛い、ここが調子悪い、そんな言葉を多く聞くようになるお年頃に ヨガの底力が活かされてきますよ。 ご興味ありましたら、私のレッスンにも参加して下さいね。 80代の…

教室風景

教室風景

今日のお教室、Mさんのブラウスが完成しました。 残りの生地を上手に裁断して無駄なく生地を使い切りました。 とてもお似合いです。 他の生地で色々作ってみたいわ〜と仰っていました。 そうですね、生地を変えたりアレンジしたり夢が膨らみますよね。 はやる心を抑えて、一つずつ楽しんで欲しいです。 アトリエKYOKO洋裁教室は少人数制、マスク着用、手指消毒、そして換気に気をつけて開講しています。 オンリーワンの服作りにご興味ございましたら、ぜひ、一度見学にお越しください。 ************************* いつもお読みくださりありがとうございます。 友達に手紙を書くように気ままに書いてい…

どんぐり3人娘

どんぐり3人娘

どんぐりシリーズ 自分の作品なのに、少し時間が経ったので作り方を忘れてしまって、、、 苦戦しました。 今回、ご注文を頂いたので作ることが出来ました。 ありがとうございました。 それにしても若いということは何という傲慢なことでしょう。 忘れてしまうという発想が無かったので 記録を取る習慣がなかった、それが敗因。 そういう事に気づかせてくれてありがとう。 同じ事を繰り返さなければ、それが成功だ。 そして、年齢を重ねることで少しは傲慢さが少なくなっていれば 帽子屋として、人間として花丸だよね。 お椀型の可愛いフォルムのどんぐりシリーズ、3つ作って一区切り。 納得できるまで作るとは言ってもこの辺で次へ…

防災公園

防災公園

定期検診に行ってきました。 ラッシュが嫌だったので7時過ぎの地下鉄でお出かけ。 その結果早く着きすぎ〜、なのでお隣にある公園をお散歩しました。 それがとても良い公園で、ずっと通っている病院なのに改めてプチ感動! 写真を何枚も撮りました。 防災公園と言います。 自分の足元に、まだまだ知らない良い場所があるのですね。嬉しいことです。 その日のお出かけスタイルは 以前、衝動買いした羽織りブラウス。 ちょっとでもおしゃれをしたら、病院通いも楽しいお出かけになる。 お洒落は元気のエッセンスです。 ************************* いつもお読みくださりありがとうございます。 友達に手紙を…

パンが焼けたよ〜

パンが焼けたよ〜

2018年から、楽健寺酵母のパン、酵母を育てながら焼き続けています。 時々お休みしてほっておいても酵母の力はすごいです。 そんなわけで、今日も「パンが焼けたよ〜〜」 今朝はオリーブオイルにバルサミコ酢をたらして やっぱり美味しい〜 発酵の力で小麦を無害化しているから このパンだけは食べれるというアレルギーの子どもがいたという。 それを信じて、我が家はこのパンを焼いている。 まだまだ、作りたい帽子がいっぱいあるのに、日々体力は衰えて、、、。 だから私の帽子ものがたりは長期計画。 健康的な食生活を楽しみながら、ゆったりと、時に開き直って頑張るのです。 ***********************…

母の思い出

母の思い出

随分前のこと。 当時住んでいた団地での、うる覚えのこんな会話。 「お姉ちゃんはたくさんお茶碗を割っているよ、 でも、自分はそんなに割ってないよ」 何気ないつもりで言った私に予想外の反応が返ってきた。 「それはあんたがあまりお手伝いをしていないっていうこと お姉ちゃんはもっとやっているから、割る茶碗も多いのは当たり前」 と、言葉はすっかり忘れているのだが、やや厳しい物言いが返ってきた。 母が台所に立ち、その傍らに控える10歳そこそこの私。 狭いキッチンの向こうのベランダから光が差して、 母の背中がシルエットになって、私の目に焼き付いている。 悪気のない私の心のどこかに、自分が偉い、みたいな傲慢さ…