アトリエショップ、

玄米リゾット

玄米リゾット

孫の保育園のお迎えという任務を担当しているこの夏、 普段よりも遅い夕食となる。 それで心がけているメニューは玄米リゾット。 玄米は好きだけど遅い夕食には少し重いでしょ?だからリゾット。 塩味にしたりトマト味にしてみたり、 この日はジェノベーゼにして焼き野菜をのせてみた。 トマトのサラダを盛り付けながら 「あーなんて美しいの!」と野菜たちをほめたたえる。 ルビーがレタスの上にこぼれ落ちたみたい。 そんな美しさに浸りながらお料理する幸せ、ご飯は楽しみの一つである。

夏の料理

夏の料理

いきなりの猛暑の中、リフォーム工事が順調です。 ほら見て!こんなんなっちゃった〜〜 「お客さんも落ち着かないですよね?」 「できるだけ早くやりますから」なんて言ってくれるの、 職人さんのその気持ちが嬉しいです。 工事に仕事に保育園のお迎えと充実しているけど、 帰宅が遅くなる夜には食べやすい玄米のリゾットを用意している、この頃。 今日はアサリを入れて作りました。 こんな季節でも生野菜はよくないとアーユルヴェーダの先生に言われたので 副菜はオリーブ油たっぷりの焼き野菜マリネ。 さあ、夏は始まったばかり、良い汗ながして乗り越えましょう!

リフォーム工事

リフォーム工事

リフォーム工事が始まりました。 困難も色々ありましたが 応援してくれる方たちに励まされました。 そしていきなりの猛暑到来、職人さんたちには頭が下がります。 汗をたくさん流して働く姿はカッコいいです。 でも、熱中症で倒れないように気をつけてくださいね。 家庭を切り盛りし、子どもを育て、精一杯自分の役割を果たしながら コツコツと自分の夢を追いかけてきて のろまな私は やっとここまで来ました。 若い頃の夢とは少し形が違って来たかもしれないけれど 逆に今は足元を大切に生きる満足感があります。 自分の心を満たしながら、他の人へ少しでもお返しできれば花マルです。 使い捨ての時代だからこそ、 魂の宿る作品を…

フリマ終了

フリマ終了

フリマ終了しました。 小2の女の子が飛び入り参加でお手伝いしてくれて お天気も何とか恵まれて ご近所さんともお話ができて楽しかったです。 フリマの後は、熱を出している孫のヘルプへ四谷まで飛んで 盛りだくさんの一日となりました。 お待たせしているお客様には大変申し訳ありません。 時間がないからといって雑な仕事はできないので 小さな時間を見つけては製作しています。 もう少しお待ちください。 宜しくお願いいたします。

プチフリマ*7/21

プチフリマ*7/21

困難は人生の彩、、、と自分に言い聞かせておりました。 その一つ一つが解決の方向へ 少しずつ雲が晴れてゆく気配を感じています。 実は、お店&アトリエをリフォーム工事をします。 ようやく着工のめどが立ちました。 それで工事の前にプチフリマ行います! 7月21日(日曜日) 11時〜15時 衣類&雑貨など アトリエKYOKOのウッドデッキ〜玄関先にて お時間ありましたら、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。 1枚目の写真は初期の作品『フェアリーチュニック&アンダーT』を着て近所へお出かけ。 晴れ間が出てきたので平ブリムのワンマイルハットを被りました。手編みのラリエットは軽くて付けて楽なので気に入っています。…

自分に時間をあげる@銀座

自分に時間をあげる@銀座

昨日はめずらしく1日お出かけ。 用事と用事の合間にフワッと空いた2時間。 わーい、自分に時間をあげれる〜〜 銀座に来たら必ずチェックするエルメスのウインドウ。 美しい夢のある飾りに元気をもらうのだ。 ブランドの心意気に敬意を感じて一休み。 梅雨の晴れ間の風は心地よく、私の感性を磨いて通り抜けた。

アトリエKYOKOのバラが咲いています

アトリエKYOKOのバラが咲いています

アトリエKYOKOのバラが良く咲いています。 数年前にご縁のあった方から頂いたものです。 何も構ってやれないのに咲き誇るワイルドなバラです、プリンセスマリー。 こちらはマダムヨセフシュワルツ、感心するほどに良く咲いて 癒されるというか励まされます。 殺虫剤も何も使いません。 虫に食われても食われても葉をつけて花を咲かせる。 惜しげなく与えてのびのびと咲きなさいと言っているのかな、 ありがとう💓

平ブリムの帽子

平ブリムの帽子

平ブリムの帽子。 基本に戻って学ぶつもりで作っています。 まずは娘にと作り始めたのだけど 納得できなくて3回やり直して なんとか作品に仕上げたのが⬇️ 実は帽子を習いたいという人が来て、腹をくくって教えることにした。 そのことで、自分がいかに適当に気持ちだけで作って来たのか、、と思い知った。 なので生徒さんと一緒に学ぶつもり。 学ぶことは楽しいことです。

家族の帽子

家族の帽子

雨まじりのゴールデンウィーク みなさま、いかがお過ごしでしょうか? こんなに雨の多いこの季節も珍しいですよね。 その分、いっそう目に鮮やかに木々のみどりが映ります。 昭和に生まれて平成の時代は無我夢中で子育てや帽子とヨガに全力で走り、 そして令和へと時代が移りました。 とりあえず長く生きて、今まで見えなかったものが見える気がします。 今さら?と言われそうですが、その一つが家族の帽子です。 なかなか作れないのですが、 一番身近な愛する者たちへ、積極的に作りたいなと思います。 新しい時代へとゆったりとした気持ちで時を重ねながら 意欲は充実し足元を耕したいのです。

ベレーシャンピニョン

ベレーシャンピニョン

数年前の作品ですが、今回の伊勢丹でご希望を頂きまして 久しぶりに作ってみました。 ニット素材の特性で生地がフリルになるのが 何とも可愛らしいデザインです。 綿ニットなのでかぶり心地も優しいですし オールシーズン使えます。 カジュアルな毎日のおしゃれにいかがでしょうか。 でもね、ちょっと思うところがあって もう一つ作って研究しようと思っています。 それで今日は午前中は生地屋さんへ行き 今、その生地を水通ししています。 手間暇をかけて製作できることがしあわせです。